長岡新聞・悠久録No.1171:「出羽・上山藩の米百俵」

長岡新聞:トップ
社主のプロフイール 
購読の申込みメールでOK。 1か月1851円です。
在宅のライターを募集しています(0258−32−1933:希望の方は星野へ) 
新刊案内『長岡築城物語』、『いい湯めぐり温泉紀行』:『長岡夜話』詳しくはこちら
川柳、俳句、短歌に投稿しませんか:詳しくはこちら


悠久録(過去の悠久録はこちら)
長岡新聞・悠久録No.1174:夢

あまり夢を見ないのであるが、若い時に見た夢は珍妙だった。あれはなんだったのだろう。高
い丘の上から飛び降りるのである。目の前に谷を隔てて見慣れた絶壁がある。あの崖には珍
しい植物(真柏・しんぱく)が自生している、と聞かされたせいだろうか▼飛び降りれば谷の底
に達し、あとは攀じ登るだけである。簡単と思うのであるが、何故か谷底に着かない。いつまで
も空中を飛んでいる。下の方で友人たちが手を振っている。だが着地する気分にならない▼ど
うしてこんな夢を見るのだろうと当時は不思議だったが、いつの間にか見なくなった。すっかり
成人した後に、長い東京勤務をした。阿佐ヶ谷に住み、けやき並木を見ながらの通勤だった。
田舎に戻ってからしばらくはその並木の風景を夢に見た。何故か新緑が綺麗だった▼同じ時
期に車が行方不明になる夢も見た。駐車したはずの場所に車が無い。一生懸命に探す。夢の
中であちこち歩き回り、やっと見つけてほっとする。無事に走り出してやれやれと、目が覚め
る。あるいは見つけることができないまま目覚める。そのような夢も最近は全く見ない▼幼い時
に暮らした家を夢に見るケースも多いと聞く。だが記憶は脳裏に鮮明であるが、忙しく過ごして
いるせいだろうか。そのような夢も見ない。「ヒトの記憶の中には快適な島があり、その島では
過去と未来が交差する」という。それが夢なのか。「1富士2鷹3茄子(なすび)」という。次の初
夢は分かりやすいのが良い▼「夢殿の夢の扉を初日敲つ」(中村草田男)。(とけいそう)

フリーのライターを募集しています(0258−32−1933:希望の方は星野へ) 。
今のお仕事の合間にできる仕事です。詳しくはココ
購読の申込みも同番号へ
トップへ
戻る