長岡新聞・悠久録No.1171:「出羽・上山藩の米百俵」

長岡新聞:トップ
社主のプロフイール 
購読の申込みメールでOK。 1か月1851円です。
在宅のライターを募集しています(0258−32−1933:希望の方は星野へ) 
新刊案内『長岡築城物語』、『いい湯めぐり温泉紀行』:『長岡夜話』詳しくはこちら
川柳、俳句、短歌に投稿しませんか:詳しくはこちら


悠久録(過去の悠久録はこちら)
長岡新聞・悠久録No.1179:今年の創作四字熟語

年末になると1年間の回顧が盛んになる。「今年の・・」と称するイベントは意外に多い▼1年を
1文字で表す「今年の漢字」(日本漢字能力検定協会主催)は、いつも話題である。今年は
「災」だった。清水寺(京都市東山区)の貫主が揮毫するとどよめきがおきた。ロケーション抜
群の舞台での揮毫のせいか、注目度はこの上ない▼「今年の創作四字熟語」もある。住友生
命の主催で秀作50熟語が発表になった。「猛夏襲来(もうかしゅうらい)」「台量発生(たいりょう
はっせい)」「地震暗来(じしんあんき)」などが揃った。いずれも馴染み深い四字熟語からの転
用で、順にいえば「蒙古襲来」「大量発生」「疑心暗鬼」となる。今年の災いを表現している▼四
字熟語は『千字文』に遡ることができる。千字の異なる漢字を250の四字成句にまとめたも
の。これを書聖・王羲之(おうぎし)の筆跡を集めて構成したという。成立は6世紀の始め頃と
古いのであるが、今も習字の手本として大切にされている▼「社会部長が選ぶ今年の十大ニ
ュース」(新聞之新聞社主催)も社会問題を映して興味をひく。こちらの1位は「森友問題で財
務省が公文書改ざん、佐川氏ら幹部大量処分」だった。さらに「日産のゴーン会長逮捕で世界
に衝撃」や「オウム事件で松本元代表ら13人の死刑執行」などが続いている▼今年のニュース
は暗くて悲しいことが多かった。それが漢字1文字あるいは4文字に現れている。だが、そのな
かで天皇陛下の「深く案じています」のお言葉が心に沁みた。(とけいそう)

フリーのライターを募集しています(0258−32−1933:希望の方は星野へ) 。
今のお仕事の合間にできる仕事です。詳しくはココ
購読の申込みも同番号へ
トップへ
戻る