長岡新聞:トップ
社主のプロフイール 
川柳:入選作俳句:入選作短歌:入選作
購読の申込みメールでOK。 1か月1851円です。
新刊案内『長岡築城物語』、『いい湯めぐり温泉紀行』:詳しくはこちら
記者を募集しています(0258−32−1933:星野へ)


2017年4月川柳入選作
選者  小栗 正和

川柳:入選作俳句:入選作短歌:入選作」目次へ
川柳募集要綱
子供から大人まで、初心者でも大歓迎。はがきに雑詠3句以内、住所、氏名(柳号)、電話番号を
明記し、長岡新聞社「悠久文芸・川柳係」(〒940‐0071 長岡市表町2‐3‐1‐2F)へ。
締め切りは毎月15日、選者の選を経て長岡新聞紙面で毎月第1土曜日に掲載します。その後この
ホームページで紹介します。


ライター募集:在宅のまま、余暇に文章を書くお仕事です。長岡市内のイベントにも参加できます。余暇を活かして収入を得ることができます。長岡市内のイベント等を取材するものです。楽しいですよ。ご希望の方は星野まで
(0258−32−1933) (naganews@crest.ocn.ne.jp)
卯月の秀句
       長岡市 中島 圭一
泣き笑いこれまでも又これからも
【評】世の中は全く、その通りです。川柳も同様です。でも、大いに笑い、楽しく暮したいもので
す。

佳作
       長岡市 中島 圭一
             無口でも存在感を示す父
             生き字引我が家に居ます祖母百歳
       長岡市 中島 貞男
             じりじりと妻は楷書で責めてくる
             身の丈で生きてる人生花盛り
       見附市 北村 大成
             八十を越える舞台の春に立つ
             幸せをプラス思考で倍にする
       長岡市 近藤 博
             百歳へ背筋を伸ばす誕生日
             共白髪誓った妻はまだ黒く
       長岡市 野田 明夢
             四月馬鹿だまされまいと身構える
             四月には桜が咲くぞ生き抜こう
       長岡市 西方 要圓
             カルチャーで犬猫講座出来るかも
       長岡市 山ア 草太
            心から優しい人の澄んだ声
       長岡市 大図 栄子
            長生きも誰のお陰か分からない
       長岡市 田中 シズ子
            咲き誇る菜の花畑恋実る
       長岡市 林 睦子
            チョコレートもらった所がスタンドで
       長岡市 小熊 茂子
            レントゲン心の中まで見てほしい

記者を募集しています(0258−32−1933:星野へ) 
購読の申込みも同番号へ
トップへ
戻る



川柳入選作(2017年3月4日)
川柳入選作(2017年3月4日)