長岡新聞:トップ
社主のプロフイール 
購読の申込みメールでOK。 1か月1851円です。
新刊案内『長岡築城物語』、『いい湯めぐり温泉紀行』:詳しくはこちら
川柳、俳句、短歌に投稿しませんか:詳しくはこちら
ライター募集:在宅のまま、余暇に文章を書くお仕事です。長岡市内のイベントにも参加できます。余暇を活かして収入を得ることができます。長岡市内のイベント等を取材するものです。楽しいですよ。ご希望の方は星野まで
(0258−32−1933) (naganews@crest.ocn.ne.jp)

長岡新聞:知事選あす投開票
原発再稼働や人口減少などで論戦

 米山隆一前知事の辞職に伴うあすの第21回知事選を前に、前五泉市議の安中聡氏(40)、
自民、公明の両党が支持する元副知事で前海上保安庁次長の花角英世氏(60)、立憲民主、
国民民主、共産、自由、社民の野党5党が推薦する前県議の池田千賀子氏(57)の無所属新
人3人の立候補者らは県内各所で最後の訴えを繰り広げている。5月24日の告示から立候補
者らは、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題や急速な人口減少など、新潟県の抱える課題
への対策を街頭演説や街宣で訴えて回った。
 知事選は、米山前知事が女性問題で突然辞職したことを受け、2016年10月から約1年8カ
月で行われることになった。花角氏を政権与党の自公が、池田氏を野党共闘態勢で、それぞ
れ支援する構図となっており、事実上の与野党候補の一騎打ちとなっている。前回の知事選
で最大の争点となった原発の再稼働問題については、花角氏、池田氏ともに将来の「原発ゼ
ロ」を目指し、米山前知事の路線の継承を明らかにしている。

前知事の3つの検証を継承の考え

 柏崎刈羽原発再稼働に対する米山前知事の方針は、「福島原発事故の原因」「事故が住民
の健康と生活に与えた影響」「事故発生時の安全な避難方法」の3点の検証がなされない限
り、「再稼働の議論はできない」とするもの。検証体制として、「原発事故による健康と生活へ
の影響に関する検証委員会」と「原子力災害時の避難方法に関する検証委員会」を新設し、
従来の福島原発事故の検証を行ってきた「技術委員会」の3つの委員会を総括する「原発事
故に関する検証総括委員会」が整えられている。
 選挙戦では、花角氏は政党色を薄める「県民党」として、自公の幹部らの応援を避け、副知
事や中央官庁での経験を県政で生かすとしている。池田氏は対照的に、野党5党1会派の党
首を始めとした幹部らが応援に入り、原発再稼働反対を中心に子育て環境の整備などを主張
している。安中氏は、しがらみのない県政の実現などを訴え、独自の戦いを展開している。
 県内第二の都市で、新潟市に次ぐ大票田である長岡では、3人の候補は告示日から市中心
部や合併地域へと各所で街頭演説を行っている。

花角英世候補
○住んでよし、訪れてよしの新潟県をつくる
○原発は当座は必要、国の方針には反対せず

 花角氏は、「36年間、行政の実務に携わり続け、知識と経験に加え、多くの人との出会いに
よるネットワークもある」と副知事や国土交通省での経験を強調。インフラ整備や起業支援、
観光振興といった政策を推進し「住んでよし、訪れてよしの新潟県をつくっていく」と訴えた。前
職が海上保安庁次長だったことから新潟県を新潟県民丸と例え、「船のかじ取りである船長の
仕事を任せてほしい。船に乗る1人ひとりの思い、願いを実現していく」と呼び掛けた。
 原発再稼働に関しては、「原発に不安感を持っている」とし原発ゼロを目指すとするが、原発
をベースロード電源として維持する国の方針には反対せず「(原発は)当座は必要」と主張す
る。その一方で「県民が納得しない限り原発は動かさない」と断言し、4年後の知事選で県民の
信を問うとしている。

池田千賀子候補
○原発再稼働反対の立場を明確
○子育て日本一の県を目指す

 一方、池田氏は原発再稼働反対を前面に出し、「3つの検証を継承し、きちんとやるのは当
たり前のこと。検証結果について県民と議論し、新潟のことは新潟で決める」と述べた。原発再
稼働反対の立場を明確にし、「判断の是非は県民投票などによって確認する。私の判断と県
民の判断が異なっていれば問題であり、それを確かめる一番の方法は県民投票」と主張す
る。
 市役所職員を経て市議、県議として活動してきた。「市役所職員時代には子ども行政に22年
間、関わってきた。新潟の出生率が低いのは、政策が男目線というのがある。2人の子育てを
してきた経験も合わせて女性の視点を生かし、子育て日本一の県を目指す。女性がもっと輝
ける県としていく」と力を込める。

安中聡候補
○新潟県を自立させていく
○柏崎刈羽原発は「即時廃止」

 安中氏は、市議時代からの支援者らとともに県内各地を回り、「借金や国からの補助金に頼
らず、新潟県を自立させていく」とする。利権構造からの脱却や安全・安心な社会の実現など
を「県民の声をしっかり聞いて、新潟の課題を解決していく」と語る。柏崎刈羽原発に対しては
「即時廃止」とし、廃炉に向けた政策づくりを唱えている。
 県内の6月1日現在の選挙人名簿登録者数は193万4077人(男93万875人、女100万3
202人)で、このうち長岡市は22万9790人(男11万1507人、女11万8283人)となってい
る。
 期日前投票は今日までで、市内ではアオーレ長岡と各支所、さいわいプラザ、リバーサイド
千秋の計13カ所で午前8時30分〜午後8時まで(リバーサイド千秋のみ午前9時から)となって
いる。6月3日現在、期日前投票は県全体の6・74%にあたる13万277人が、そのうち長岡市
では1万9440人が投票を行っている。




フリーのライターを募集しています(0258−32−1933:希望の方は星野へ) 。今のお仕事
の合間にできる仕事です。
購読の申込みも同番号へ

長岡新聞:春の叙勲・褒章
長岡新聞:春の叙勲・褒章