長岡新聞:トップ


購読の申込みメールでOK。 1か月1851円です。
在宅のライター募集:詳しくは星野まで。(0258−32−1933) (naganews@crest.ocn.ne.jp
新刊案内『長岡築城物語』、『いい湯めぐり温泉紀行』:『浦上義昭対談集』、詳しくはこちら
川柳、俳句、短歌に投稿しませんか:詳しくはこちら
社外記者を募集中:詳しくはこちら
社主のプロフイール
イルミネーションで地域活性化

中之島地域では、本年も「地域の宝磨き上げ事業」として地域内2ヶ所でイルミネーションを点
灯。道行く人たちの心を和ませている。

支所前に「なかのん」が

 その一つは、水害対策で整備された中之島支所前調整池を利用したイルミネーション。設置
等は「長岡市中之島地域ふるさと創生基金事業実行委員会」(関口和幸委員長)が取り組んで
いる。県内でも高い人気を誇る中之島地域のキャラクター「なかのん」をかたどったパネルが
愛くるしく「負けるな!中之島」とメッセージを送っているの。
白色光だけのイルミネーションで、調整池を半周する道路側に面した部分に設置されている。
取材時にも2人の幼児を連れた女性が、「なかのん」の前で記念写真を撮っていて、微笑まし
い光景だった。期間は11月13日から12月25日まで。問い合わせ先は長岡市中之島支所地域
振興課(61-2010)まで。

医療従事者への感謝も

 今一つは「'04(ラブフォー)中之島記念公園 」(中之島大橋西詰)で、7・13水害防災メモリア
ルの開催や同地の植栽などの活動を行っている「中之島ラブフォー隊」(原田敏隊長)が取り
組んでいるイルミネーション。
こちらは鮮やかな青一色で、公園の旧国道沿いに設置されている。地域を明るくしたいという
思いや新型コロナで頑張っている医療従事者への感謝の気持ち、7・13水害へのメッセージな
どが込められているという。
期間は10月6日から来年1月31日まで。問い合わせ先は同支所産業建設課(61-2013)ま
で。


トップへ
トップへ
戻る
戻る



中之島で1年3ヵ月遅れの成人式
中之島で1年3ヵ月遅れの成人式