長岡新聞:トップ


購読の申込みメールでOK。 1か月1851円です。
在宅のライター募集:詳しくは星野まで。(0258−32−1933) (naganews@crest.ocn.ne.jp
新刊案内『長岡築城物語』、『いい湯めぐり温泉紀行』:『浦上義昭対談集』、詳しくはこちら
川柳、俳句、短歌に投稿しませんか:詳しくはこちら
社外記者を募集中:詳しくはこちら
社主のプロフイール

 栃尾商工会が新春祝賀会
「トチオーレ」開館へ大きな期待

 栃尾商工会(長岡市谷内2)の新春祝賀会が1月4日、栃尾産業交流センターおりなす(長岡
市栃尾宮沢1765)で開催された。長岡市長をはじめ数十人の来賓を迎え、100人余が参加
する恒例行事。昨年は新型コロナの感染拡大で中止されたが、感染症対策を施したうえで2
年ぶりの開催となった。
今年は栃尾地域交流拠点施設「トチオーレ」が開館する。中心市街地の一体感の醸成と新し
い人の流れを創ろうと、期待を込めた新春祝賀会だった。

「トチオーレ」開館へ大きな期待

 昨年5月に就任した小林幸久(こうきゅう)新会長は、コロナ禍への対策として小中規模事業
者のための国県市の支援制度を利用するとともに、独自の「飲食店 食べて飲んでクーポン
券」の発行事業を継続したと報告。
今春オープン予定の栃尾地域交流拠点施設「トチオーレ」(栃尾地区金町1)について、「市街
地商店街への人の流れをいかに作り出すかが、トチオーレ建設に課せられた地域への期待と
課題だと受け止めている」とし、「栃尾地域ならではの趣のあるおもてなしの心を育むために、
中心市街地の一体感の醸成に努めていく」と決意を述べた。
磯田達伸長岡市長は祝辞に立ち、「栃尾を多くの人が訪れる元年にしたい」と花火客を呼び込
むことを挙げ、松井一男市議会議長も「アフターコロナの新しい交流拠点として多くの人が訪
れ、栃尾の魂が込められることを市議会として期待している」とエールを送った。高見美加県会
議員は「トチオーレを起爆剤として、今一度栃尾の文化と歴史を見直して次の世代にしっかり
引き継いでいきたい」と語った。

80里越えの開通をチャンスに

また磯田市長と高見県議は、数年以内に80里越えの国道289号線が開通することにふれ、
新しい人の流れを栃尾に呼び込む方策を考えたいとした。
最後に商工会顧問代表として挨拶に立った、元郵政大臣の渡辺秀央氏(87)は、この道路の
建設期成同盟会が発足したのが46年前の自分が衆院議院初当選の年だったとこれまでの経
緯を語った。「長岡の発展イコール日本海‐太平洋貫通道路の開通」で「これだけ大規模な公
共投資は二度と見込めない。最後のチャンスを生かそう」と、商工会を中心に「下田‐栃尾‐長
岡道路」の実現に地元からも声を挙げて欲しいと、はっぱをかけていた。




トップへ
トップへ
戻る
戻る



早速の大雪
早速の大雪