長岡新聞・悠久録No.1171:「出羽・上山藩の米百俵」

長岡新聞:トップ
社主のプロフイール 
購読の申込みメールでOK。 1か月1851円です。
在宅のライターを募集しています(0258−32−1933:希望の方は星野へ) 
新刊案内『長岡築城物語』、『いい湯めぐり温泉紀行』:『長岡夜話』詳しくはこちら
川柳、俳句、短歌に投稿しませんか:詳しくはこちら

ライター募集
在宅のまま、余暇に文章を書くお仕事です。
余暇を活かして収入を得ることができます。
楽しいですよ。ご希望の方は星野まで

メール:naganews@crest.ocn.ne.jp
電話:0258−32−1933 

悠久録(過去の悠久録はこちら)
長岡新聞・悠久録:上野千鶴子さん
今年の東京大学入学式で同大名誉教授の上野千鶴子さんは、男性を優先した医学部入試に
触れ「がんばれば報われると思っているはずですが、公正には報われない社会があなたたち
を待っています」と祝辞を述べた▼上野さんは社会には構造的な差別がある。努力が報われ
るためには、その差別を解消していかなければならない。だから、「がんばったら報われること
は努力の成果ではなく、環境のおかげ」を忘れないようにという▼「あなたたちのがんばりを、
自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。 恵まれた環境と能力を、恵まれない人々を貶
めるためにではなく、そういう人々を助けるために使ってください」と呼びかけた。女性学の第
一人者で女性差別にもまれながらも、東大教授にまで立身した上野さんの切実な思いだった
▼世の中には経済的な問題、親の介護、女性だから、などの偏見から、報われなかったケー
スは少なくない。3年前に某女性研究者が自殺した。東北大学で学び博士号を持つ。「日本学
術振興会賞」受賞し、奨励金付の特別研究員に選ばれた。「日本学士院学術奨励賞」など権
威ある賞も得た。だが、奨励金は3年間だけだった。これでは将来を展望できない▼大学での
研究職を希望したが、20以上の大学で不採用になったという。男性を優先する大学の事情が
あったのであろうか。安定した収入が無い研究者はつらい。その努力に報いる環境が欲しかっ
た▼上野さんは、自己本位のがんばりだけでなく、他者にも目を向けたがんばりを求めてい
る。(とけいそう)

フリーのライターを募集しています
メール:naganews@crest.ocn.ne.jp
電話:0258−32−1933 
今のお仕事の合間にできる仕事です。詳しくはココ
購読の申込みも同番号へ
トップへ
戻る