長岡新聞:トップ
社主のプロフイール 
購読の申込みメールでOK。 1か月1851円です。
新刊案内『長岡築城物語』、『いい湯めぐり温泉紀行』:詳しくはこちら
川柳、俳句、短歌に投稿しませんか:詳しくはこちら


市長選候補者
おぐま正志氏が事務所開設


長岡市長選に立候補を表明しているおぐま正志氏(64)が10日、蓮潟4丁目2に後援会事務所
を開設した。
おぐま氏は、長岡市議会議員に1991年初当選。2003年には第50代長岡市議会議長に就
任(〜05年)した。長岡市議7期を務めるベテランである。
「市民の思いを市長の立場で形にしたい覚悟」と話す。「市民が決め、市民が創る新しい長岡
市をデザインしたい」と決断の思いを語り、「人口減少、人生100歳時代という新たな時代変
化を見据えたい」としている。
合併から10年余が経過したことから、@都市内分権によってコミュ二ティの力を高め、「市民が
決める、市民と創る」「地域の自立と再生」に取り組むを理念に地域の自立と再生に取り組
む。ポイントは都市内分権(コミュニティ分権と行政内分権)。A「人生60歳時代」から「人生10
0歳時代」に入りつつある。かぎは「健康長寿」として「+30年のライフスタイルづくり」に取り組
む。B全力で取り組むべき課題は「長岡創生・人口減少の克服」。カギは、農林魚業の成長産
業化・地元企業の海外展開・地域資源循環システムの再構築により「成長する活力」を取り戻
すこと。C外国人旅行者(インバウンド)を惹きつける。最大の魅力は「和の文化」である。「火
焔土器」「合併地域が誇る和の宝物」を磨き上げ、長岡の文化力を世界に向けて発信したいと
語った。
マニフェストに「長岡発→地球行」を掲げ、「幸せを実感できるまちづくり」「市民が決める、市民
が創る」をテーマに政策を掲げている。特に教育育成では、21世紀の米百俵、世界を相手に
生きていける、人づくり・企業づくり・地域づくりに投資し、子どもの幸せが広がるまちづくりを目
指すとしている。






 記者を募集しています(0258−32−1933:星野へ) 
購読の申込みも同番号へ



関連記事*合縁奇縁
No.142:知事選候補者1人は残念(2016.9.8)

関連記事*トピックス
長岡市長選:藤井盛光氏も市長選へ(2016.9.6)
長岡市長選:小熊市議も市長選へ臨む(2016.9.6)
長岡市長選:磯田氏が市長選に立候補(2016.9.6)
森氏が中越地区の事務所開き(2016.9.1)
森市長が辞職願を提出(2016.9.1)
三つ巴選になるか(2016.8.25)


 記者を募集しています(0258−32−1933:星野へ) 
購読の申込みも同番号へ




トップへ
トップへ
戻る
戻る